恋愛・婚活コラム

恋愛に強いメンタルへと自然と変化する意外なテクニック

作詞家の秋元康さん。作詞家の中で、日本で一番売上を上げている方ですね。

秋元さんの凄いところは、「多作である」ところだと言われています。多作の中で、名曲の数々が生まれてくるのですね。

恋愛でも同じことが言えて、多くの人に会うことは大切なんです。

前回の記事で、「恋愛は確率」とお伝えしました。もう少し具体的にいうと・・・

『恋愛は確率 = 会った人数 × テクニック × 振り返り』

3つある要素の内、今回は「会った人数」に絞ってお話しします。会った数は、自然と恋愛が上手くいく心理状況になっていきます。

2019年内に絶対結婚する!

私は、2017年まで婚活パーティにはちょくちょく行っていました。しかし、婚活が上手く行かず、疲れてしまい、少しお休みしていました。

しかし、2019年内に絶対結婚する!と目標を立てて、婚活を再開しました。

2018年10月下旬から2019年4月までの約6ヶ月の間に50名の方とお会いしました。最初は、婚活パーティやマッチングサービスを利用しました。そこで20名の方とお会いました。

たくさん会うことにためらっていた

私はたくさん会うのをためらっていました。

2017年まで、婚活パーティーでは、いいなと思える人とだけ連絡先を交換していました。少し気になるな、と思う方でも連絡先は交換しませんでした。

いい相手が見つかった思ったら、もう婚活パーティには行かずに、お付き合いを始めます。

少数の人と会う
→1人とだけ仲良くなる
→ デートする
→ お付き合いする

これのどこがいけないのか?と思われるかもしれないですよね。しかし、このプロセスは非常にもったいなかったです。

たくさん会うと、なぜか上手くいく心理状態に

なぜもったいなかったのか?

一人を追いかけると、無意識の内に「失敗しないようにしなきゃ」という心境になってしまったのです。

そうすると、相手にも心理的なプレッシャーが自然と生まれてしまったのでしょう。

そこでこう変えました

たくさんの人に会う
→ 複数人と同時並行で仲良くなる
→ たくさんデートしてみる
→ 真剣に選ぶ
→ お付き合いする

この流れだと、フラれても気にならなくなります。

逆にフっても良いんだという気持ちにもなります。

そうすると、恋愛に対して常にポジティブなままでいられるようになります。

お付き合いする上で、とても大事な心理状態だと分かりました。

不思議な話ですが、相手もなぜか安心して付き合ってくれるのです。

まとめ

普通、恋愛では誠実に一人とだけ向き合うことが良しとされています。当然ですよね。浮気になってしまいますから。

しかし、婚活パーティでは、複数人同時に仲良くなっても良いのです。
お付き合いする段階になったら、誠実に一人とだけ向き合う。きっと心理的には楽にいられまし、相手も楽でいられますよ。

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。貴重なお時間を取っていただきありがとうございました。

今後も頑張って更新していきます。応援よろしくお願いします!

© 2021 Road to love Powered by AFFINGER5